子育てと自分の体のコントロールの大切さ睡眠不足

5年ほど前から更年期の症状が出始めていましたが自分ではあまり気が付かなかったために見過ごしていました。子供が中学に入っていきなり反抗期に入りました。お風呂にも入らず、動かず何もしない様子に私は精魂尽きてしまい症状はさらに悪化して自律神経が乱れていろいろな症状が起こりました。中でも子供が夜遅くまで起きているために自分も眠ることができずに毎日4時間くらいの睡眠時間でふらふらしていました。肌は毛穴が広がりファウンデーションは乗らなくなり表面がぼこぼことして顔色も暗くなりました。何をしても余計に酷くなり痛くなってくるのであまり触らないようになり、化粧をするのも嫌になりました。昼寝で補ってもやはりきちんと休むべき時間に休んでいないと体も肌もバランスが崩れてしまいます。そのうち子供の事だからと割切れるようになり、先に眠るようにしました。鍵や電化製品の管理をしてから最低限必要な物だけつけて息子に頼んで休みました。そうすることで肌の調子が戻りくすみが消えていきました。自律神経を整えるためにもやはり眠りは大切です。無理をすると体にも肌にもよくありません。自分の事だけを考えていられないのが母親ですから大変ですが、病気をしないように工夫をして奇麗な肌を保ちたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です