薄毛の原因

私は33歳の男です。
私と薄毛との出会いは5年ほど前のことでした。
・出会いのきっかけ
それまでの私は仕事の関係上、常に髪はスポーツ刈りをキープしている状態でした。
そしてちょうど5年ほど前、仕事を変わることになり、それを機会に髪を伸ばし始めたのです。
髪を伸ばすこと自体10年ぶりくらいだったのですが、異変にはすぐ気が付きました。
「髪のボリュームが全くない(髪も細い)」のです。
短髪だと抜け毛の量や髪の太さにも気づきにくくなります。
視覚的にも薄くなったとは気づきにくいです。
私が気付いた日より遥か前から薄毛は既に進行していたのでしょう。
「とにかく薄毛の進行を止めなければ」
その日から薄毛との戦いが始まりました。
・思いつく薄毛原因
私は常にヘルメットを被って作業をしていました。
内部は蒸れ、お世辞にも清潔とは言い難い頭皮環境でしたね。
更に私は昔からの脂性体質でした。
髪なんか半日もすればベトベトになってしまいます。
…髪に対しては最悪の環境だったわけです、そりゃ薄くもなるというものですね。
薄毛対策
薄毛進行を止めるため、私は皮膚科を頼りました。
育毛剤を使ってみようかとも思いましたが、脂性や痒みもあったので皮膚科で診てもらうことにしました。
結果的には病院に掛かって大正解でした。
私は「脂漏性皮膚炎」と診断され、治療を受けることになりました。
病院の先生曰く「皮膚炎の状態で育毛剤を使っても改善は難しい」とのことでしたね。
・そして現在
その後皮膚科での投薬治療で無事皮膚炎も完治となりました。
再び生えてくるまでには少々時間はかかりましたが、現在では髪のボリュームもバッチリです。
・最後に
薄毛というと真っ先に育毛剤という言葉が出てくると思います。
ですが私は育毛剤を使う前に、まず「受診」してみることをお勧めします。
皮膚炎などの病気が隠れている状態では育毛剤も力を発揮できません。
あくまでも一体験者の話ですが、ご参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です